Twitter(ツイッター)

「Twitter(ツイッター)」とは、140文字以内の短い文章をツイート(投稿)して、ユーザー同士でその投稿内容を共有することができる無料のSNSサービスです。

1記事が140文字以内のブログのようなもので、メールアドレスさえあれば誰でも登録することができ、政治家やタレント、企業の社長なども幅広く活用しています。

全世界で約2億人以上()が利用しており、主に、「情報収集」や「情報発信」、友人との「コミュニケーション」を目的に利用されています。

継続的に利用しているユーザー数。(2014年3月発表時点)

twitter

情報収集に最適

政治家やタレント、企業の社長、公的機関やマスコミなど、様々な分野のユーザーがタイムリーに情報を投稿しています。

投稿される情報は日々の出来事や趣味に関することから、政治、経済、音楽、スポーツなどの専門分野や、企業PRにも利用されるなど多岐にわたります。

関心のある情報がリアルタイムで検索できるため、情報収集に最適なSNSと言えます。

情報収集に最適イメージ

Twitterの機能

主な機能は、「ツイート」と呼ばれる文章の投稿と、他のユーザーが投稿した「ツイート」を閲覧する2種類です。

他にも、関心のあるユーザーをフォロー(お気に入り登録)すると、フォローしたユーザーの投稿が自分のタイムラインに表示されるようになり、そのユーザーの投稿をタイムリーに閲覧することができます。

また、「リツイート」という機能を使えば、閲覧した投稿がフォロワー(自分をフォローしたユーザー)のタイムラインにも表示されるため、フォロワーに知ってもらいたい情報を簡単に共有することができます。

Twitterの機能イメージ

Twitterの魅力

Twitterは、ユーザーが簡単に素早く記事を投稿することができるため、「情報伝達のスピードが速く、最新の情報を自動で入手できる」ということが最大のメリットです。

例えば、警視庁や日本気象協会が活用している「Twitterアラート」()を登録しておくと、大地震や台風などの自然災害時に、危険に対する警告や回避方法、避難経路などに関する情報を瞬時に受信することができます。

Twitterと提携した公的機関が緊急時に投稿したツイートを受信できるサービス。受信したツイートには、オレンジ色の「アラートマーク」が付いていることから通常のツイートと差別化されている。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式Twitterアカウント

このページのトップへ