就職活動の心得【会社説明会・業界セミナー編】

就職活動の心得

就職活動する中で、会社説明会・業界セミナーなどに参加することも非常に役に立ちます。

自分が希望する業界や企業が把握できたら、会社説明会や業界セミナーなどで企業の特色を確認します。

また、説明会は選考の場となることもありますので、スーツを着用し、必要な情報はメモを取るなど、積極的な姿勢をアピールしましょう。

説明会の種類

説明会には、企業が単独で行なう企業説明会の他、いくつかの企業が集まって行なわれる合同企業説明会や、業界セミナーなどがあります。
それぞれの特色をつかんで、就職活動に役立てましょう。

個別企業説明会

企業が単独で行なう説明会で、開催の手法は様々です。人気企業では事前予約が必要だったり、定員を決めているところも多いようです。
そのため、企業が発信する採用情報をこまめにチェックすることが大切です。

合同説明会

自治体や就職支援会社、新聞社などが主催して行なわれます。数多くの企業が一堂に集まって行なわれる合同説明会は、企業研究に最適です。
予約もいらず、1日に複数の会社から説明を受けられるので、効率よく情報を得ることができます。
また、それまで考えていなかった業種や職種と出会えることから、視野を広げるチャンスにもなります。

業界セミナー

同じ業界に属する複数の企業が合同で開催する説明会です。業界全体を把握できるというだけでなく、業界に属する個々の企業の特色を知ることができます。
志望する業界の中から、自分に合った企業を見つけたいときに有効です。

説明会のポイント

説明会は、企業の情報を収集する場所であると同時に、選考の場でもあります。
ここでは説明会を最大限に活用するポイントを紹介します。

参加するときの注意点

参加するときの注意点

会場では社会人として恥ずかしくないマナーを守り、身だしなみをきちんと整えて参加しましょう。企業によっては、服装は自由としている場合もありますが、スーツ着用が基本です。
説明を聞く際には筆記用具を用意し、必要な情報はしっかりとメモを取るようにしましょう。
ただ漫然と企業側の話を聞くのではなく、質問があれば遠慮せずに積極的に発言をしましょう。また、友人と一緒に参加していると、主体性がないと取られることもあります。

説明会の形態

企業や業務説明のみで終始するケースや、筆記試験や面接を同時に行なうケースなど、説明会の形態はさまざまです。
事前に内容をチェックしておくことはもちろん、その企業の情報を予習してから参加したほうが、説明内容をより深く理解することができます。

たくさんの情報を集める

ホームページや大学の就職部、新聞など、思いつく限りの情報源にアンテナを張り、情報を収集しましょう。
自分が希望する企業の説明会には必ず参加するようにしましょう。
まだ情報が公開されていない場合は、前年度とほぼ同じスケジュールで開催されることもよくあるので、前年の記録を調べてみるのもひとつの方法です。