進学塾/予備校情報

塾講師・予備校講師になるには



学習塾の講師や予備校講師になるにはどうすれば良いのでしょうか。一般的に、学習塾では集団指導スタイルの大手塾などは正社員の講師が多く、個別指導塾では講師がアルバイトとして雇われているケースが多いと言われています。また、予備校は年棒制による契約社員であることがほとんどです。

いずれの講師を目指すにしても共通する要素はたくさんあります。そこで、ここでは様々な学習塾・予備校に共通する要素を中心に、講師になるための方法をご紹介します。

資格は不要。募集があればチャンス

資格は不要。募集があればチャンス

小学校、中学校、高校の先生になるには国公立・私立ともに教員免許が必要です。一方、塾講師や予備校講師になるには、原則として免許は必要ありません。講師として教壇に立てるかどうかは、各塾・予備校の採用試験に合格できるかどうかにかかっています。採用試験の内容は学力試験や面接、デモンストレーション講義、書類審査など、塾・予備校によって様々です。なかには講師の経験不問で受けられる採用試験もあるため、誰にでも門は開かれているとも言えます。ただし、応募資格として4大卒などの学歴が規定されることもあります。

随時ある人材募集を見逃さないこと!

採用試験は毎年定期的にある訳ではなく、欠員があったときやクラス増設などのタイミングで求人募集が告知されます。告知は自社ホームページで発表されたり、他の職種と同様に新聞の求人広告や求人情報誌・サイトに掲載されたりすることが多いようです。正社員が希望であっても、まずアルバイトとして講師になり、現場で実績を積むことで正社員に昇格するという方法もあります。

給与の目安は…

大手予備校のカリスマ講師や、いくつかの塾・予備校を掛け持ちするような人気講師であれば、年収1000万円も夢ではありません。ただし、駆け出しのアルバイト講師であれば時給800~2000円前後、週に数回の担当であれば年収100万円未満というケースもあります。このように講師の給与は個人差がありますが、職業として就く場合の年収は約350~400万円が目安と言われています。キャリアや実績を積み、生徒や保護者からの人気を上げることで給与額を上げることも目指せます。

基礎学力とコミュニケーション能力が大切

採用時の筆記試験対策としてだけではなく、いざ、講師として生徒に指導する立場になると、しっかりとした基礎学力が求められます。生徒に分かりやすく教えるためには、講師である自分が担当科目を十分に理解している必要があるからです。

また、コミュニケーション能力も大切です。大勢の生徒の前で堂々と話せる力や、生徒を惹き付ける話術など、生徒とのコミュニケーションが得意な人はどんな塾・予備校でも重宝されるでしょう。

基礎学力を培うために

小学校や中学校、高校で成績が良かった人でも、卒業して何年も経つと大事なことでも忘れている部分が多くあるはずです。そこで、自分が担当を希望する科目については教科書などを見直して内容をおさらいしましょう。また、学校のカリキュラムのベースとなる「学習指導要領」は少しずつ改正されていくので、最新の学習指導要領を把握しておくことも大切です。